ぬこや

人能く道を弘む

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

墓穴掘り屋民主党

★【尖閣衝突事件】中国人船長を処分保留で釈放 那覇地検

沖縄尖閣諸島付近の日本領海で海上保安庁の巡視船に中国漁船が衝突した
 事件で、那覇地検は24日、中国人船長を処分保留で釈放すると発表した。

 那覇地検は処分保留とした理由について「わが国国民への影響や、今後の
 日中関係を考慮した」と述べた。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100924/crm1009241445019-n1.htm



これで国民に対して期待を裏切り、対外的にも信頼を損ねた。
要領を得ていた自民党政権であれば即、釈放して争点を作らなかったのでしょうね。

まあ、しかし国民に尖閣諸島へ目を向けさせた点は評価できますね。





スポンサーサイト

中川昭一を抹殺した官僚とマスコミ

もうすぐ中川昭一さんの一周忌ですね。本当に怪しい最後でした。真実が報道される事は無いんでしょうね。
泥酔会見も不可解な事が多かったですね。


京都昨今より一部抜粋。
http://park3.wakwak.com/~kyotosakkon/ks076.html

日本では、これまで、「日本テレビ」を中心に、2月のローマG7での捏造映像が、事実のように、報道した。

ローマでの映像は、スローモードで撮影したものである。スローモードは、瞼の上下運動からわかる。
ヒトが眼腱を降ろす速度だが、酔っていたとしても、非常に早く、
眠たいときであれば、開けるとき、ゆっくりした速度となる。
テレビ局は、この作為の映像に、中川が、別の箇所で、発言した声を、間延びさせ付け加えさせる事をした。
確信犯による、許されない悪意として、中川が、発声、発語を、していないところに、
間延びした声を付け加えると言う、内閣および、市民を動揺させた、刑事罰相当の、行為である。
②は、会見が開始された、2分26秒ごろのである。ここで、中川が、言葉を、発声しているのに、
映像からは、声が出て、来ていない。
③これは、よく取りあげられた、「あの~」「ふぅっー」と言う箇所になる。
重要なこととして、中川は、マイクから口を離し、口を閉じ、「ふぅっー」と、など発声していない。
記者会見での、別の箇所での、「ふぅっー」を録音移動させ、発声時間を、
確信的に、間延びしたように、延ばしたものである。(中略)

中川昭一が、酔っていれば、バチカン博物館は見学など、不可能に近い。
他の民族の財産と命を略奪したのが、欧米の宮廷文化であり、
バチカン博物館は、展示の見学距離だが、7キロ以上歩く。北新地から心斎橋の往復の距離である。
2月14日の、15時45分から16時5分、「20分間」が、現在も揶揄している、「共同記者会見」で、
その後の、16時20分ごろから17時50分まで、「90分間」のバチカン博物館の案内だが、
このとき、距離にして、約4キロ以上あり、酒に酔った人物が、歩けるのかどうか。(中略)

民主党権力の関与がない、鑑識であれば、中川昭一の、解剖所見のカルテには、頸動脈 、鎖骨下動脈 、
腋窩動脈に、心臓へとつながる冠動脈の、すべてに異常なし。ならび、常人の数倍、鍛えられた咽喉。
心臓に、胃、肝臓はじめ、臓器など組織細胞は、健康な青年以上に発達していた筈である。

中川の、頚動脈の太さは、麻生太郎への、応援弁士としての、動画を見れば、子供でも、分かる。
鎖骨から、腋窩への動脈に、心臓部位への、冠動脈に、腹部から、
脚部の動脈の健常さは、主治医が、知っていることである。
中川の、遺体は、行政解剖とのだった。監察医(東京都監察医務院)からの、
10月5日報告では、「循環器系に複数の異常」とのことだった。が、
血液循環悪化による、「急性循環不全」」とは、どう言うことなのか。

中川の、身体について、9月25日に、健康診断で異常なし。同じ頃、プロテニスプレイヤーと、プレイ。
常識に考えて、「うつ病」の人物が、ボールの、反射性が鋭い、テニスなど、できるのだろうか。
中川の、体力の考察で、56歳と言う年齢での、動脈、静脈の血管を比較すれば、彼と同年齢より、
格段に丈夫で、健全な体細胞状態だった筈である。
また、心臓との血流循環で、中川は、通常の50代とまったく違う、健康な人のものだった筈である。
なぜ、虚偽報告ができるのか。




バチカン博物館では確かに酔ってるようには見えなかったみたいですね。


ねずきちさんのブログより抜粋。
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-651.html

【バチカン神父が見た“あの日”の大臣】
 バチカン放送局 神父 和田誠

私は今、日本から送られてくる報道に、大きな戸惑いと、深い悲しみを抱いています。
私自身も関わった中川前大臣の博物館見学が、何故あのように、事実と異なる形で報じられるのでしょうか。
私は見学の間中、通訳として中川前大臣の最もお側近くにおりましたが、
報道のような非常識な行為を、見た記憶はありません。
また、中川前大臣はあの時、酔っているご様子には見えませんでした。(中略)

見学の間中、中川前大臣とお話したのは通訳であった私です。
中川前大臣の言葉は、非常にはっきりしておりました。
「案内役の説明を聞かずに歩き回った???」というのも、おかしな話です。
案内役とはイタリア人ガイドの事でしょうが、彼女のイタリア語の説明を中川前大臣が聞けるはずがありません。
中川前大臣は、私の通訳を聞いていたのです。
私が通訳をしている間は、もちろん歩き回りなどしませんでしたし、非常に熱心に耳を傾けておられました。
「入ってはいけないエリアに足を踏み入れたり、触ってはいけない展示品を
素手で数回触ったりした」というのも、私には大いに疑問です。
少なくとも私は、明らかに非常識とされる場面は目撃しませんでした。
一つだけ心当たりがあるとすれば、朝日新聞の記事に出てくる次のような指摘です。
《バチカン博物館でも特に有名な、「八角形の中庭」の「ラオコーン」像を
見学した際には、観光客が近づき過ぎないようにするための
高さ三十センチのさくを乗り越えて石像の台座に座るなど、非常識な行動をとったという》
この時の様子は、私も覚えています。
さくというのは誤りで、実際はロープでしたが、中川前大臣が
ラオコーン像に見入るあまり、ロープを越えて近づいたのは確かです。
このため、そばにいた警備員がイタリア人ガイドに一言二言注意しましたが、
中川前大臣はすぐ戻ったため、特に問題にはなりませんでした。
「石像の台座に触る」こともしていません。
記事が指摘するような「非常識な行動をとった」とは、
私を含め周囲の誰も思わなかったことだけは、述べておきたいと思います。
バチカン博物館は規模が大きく、普通に見学すれば五~六時間はかかります。
そこを一時間半ほどで見て回り、しかも世界最大級の教会堂建築として知られるサン?ピエトロ大聖堂まで
見学したのですから、相当な急ぎ足で、とても「フラフラ」できる余裕はありませんでした。
しかし、十分な時間はとれなかったとはいえ、このときの見学は、とても有意義であったと私は思っています。
中川前大臣は私に、美術と歴史に関する事を、とても気さくに話しかけて来られました。(中略)

朝日新聞の報道ののち、私は日本の新聞社、通信社、テレビ局から取材を受け、事実かどうかと聞かれました。
そこで、中川前大臣の行動に非常識な点はなかったと
繰り返しご説明したのですが私の発言は一行も報じられませんでした。




やっぱり「泥酔会見」の前に中川さんの同級生だった財務省国際局長(当時)の玉木林太郎ら財務省職員や
讀賣新聞の越前谷知子、日本テレビの原聡子、ブルームバーグの下土井京子ら読売グループ関係者と
会食した時にも何かあったんでしょうね。
読売グループが計画した中川失脚計画に他のマスコミも協力とは、麻生叩きと同じ構図ですね。
今後の首相は官僚とマスコミを封じ込められないと行けませんね。





少子化対策より第一次産業対策の方が大事だ

少子化が問題とされていますが、本当にそれ程の問題なのでしょうかねえ?
この山がちな国土に一億三千万人も居住し、食料自給率も低いですからね…
あれ?経済企画庁の役人だった小峰隆夫氏が何か言ってますね。


以下、ニュース速報+板より

【政治】 男女共同参画社会を実現していくことこそが本当の少子化対策、成長政策となる…法政大学大学院政策創造研究科教授★2
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1284244522/1-2

★「人口オーナス」から導かれる新常識 求められる「正統的な経済政策」への真剣な取り組み 小峰 隆夫

 日本の経済社会のこれからの長い将来を展望した時、もっとも大きな問題が
人口問題だということについては多くの人が同意するでしょう。 (中略)

 では、こうした人口オーナスがもたらす諸問題にどう対応すべきでしょうか。
人口問題というと「少子化対策」「子ども手当て」など人口に直結した政策が必要だと考えられています。
私もそれが不要だとは言いませんが、本当に必要なのは、いつの時代にも求められる正統的な経済政策なのです。(中略)

 一つは、一人ひとりの人間力を高めることです。
具体的にはより高い教育水準を持ち、より高いノウハウを見につけた人材を増やすということです。
人間力の高い人は、そうでない人よりも生産性が高いはずですから、これが人手不足をカバーするでしょう。
要するに「頭数が減るのだから、一人で二人分働こう」という発想です。

 もう一つは、より成長力の高い分野に人を振り向けることです。
これからは労働力が貴重になるのですから、無駄な労働の使い方は避ける必要があります。
なるべく生産性の高い発展分野、国民が真に欲している分野へと労働力が移動していく必要があります。
そのためには労働という生産資源が特定の分野に張り付いて動かないのではなく、経済社会環境の変化に応じて流動化する
ことが必要です。
これは「頭数が減るのだから、効率的に配置を換えれば良い」という発想です。(中略)

 次に、人口オーナスそのものを弱める政策を考えましょう。
人口オーナスは、人口に占める働く人の割合が低下することによって生ずるものであることは既に述べました。
この人口オーナスそのものを弱めるには二つの道があります。
一つは、少子化そのものに歯止めをかけることであり、もう一つは、人口に占める働く人の割合(労働参加率)を高めることです。 (中略)

 次に、労働参加率を高めることを考えましょう。ここで鍵を握るのは、女性の参加率を高めることです。
日本の女性の労働参加率は国際的に見てかなり低く、しかも高学歴女性の参加率が特に低いからです。(中略)

労働市場の流動性を高めたり、同一労働同一賃金を実現したりすることなどによって労働市場の構造改革を進め、
男女共同参画社会を実現していくことこそが本当の少子化対策、成長政策となるのです。

以上

日経ビジネス・オンライン http://business.nikkeibp.co.jp/article/money/20100901/216069/?ST=print
前スレ http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1284085510/




以下、レスを集めてみました。
------------------------------------------------


7 :名無しさん@十一周年:2010/09/12(日) 07:45:43 ID:EZ/NggEI0
    もう何年も前に出た赤川学さんの本「子どもが減って何が悪いか」
    で論破されているんだけどねえw




62 :名無しさん@十一周年:2010/09/12(日) 09:08:13 ID:zGxaM2I40
    1
     思想・信条の自由を踏みにじる男女共同参画条例を制定する自治体。 
    過激な性教育が横行する学校現場。「家庭崩壊科」と国会で批判された家庭科

     このような、フェミニズム思想に基づく政策が打ち出される「男女共同参画社会基本法」 
    は国連の(女子差別撤廃条約に対応して制定された国内法である

    政府系の審議会にフェミニスト委員が集められ、答申を出し、それに沿って政策が実施される。

    例えば、夫婦関係は「『経済的依存関係』から独立した所得の関係へ変化することが 
    望ましい、とする。 必然的に「独立した所得」を得られない専業主婦は「撲滅」すべき存在 
    と位置付けられ、専業主婦を優遇する税制や社会保障制度を廃止せよと提言している 
    既に政府は提言通り、配偶者特別控除を一部廃止した

     これらは、「育児や家事よりも、働くことのほうが価値は高い」「父親と母親が揃った家庭は 
    破壊すべきとするものであるというものだ 
    家族関係は喜びと悲しみを共有し、生命の誕生、育成、死を見つめ 
    ながら子孫へ繋ぐもの。経済的依存関係だのと単純に整理する独善ぶりには呆れる。

    片親家庭、非婚、事実婚、同性愛結婚も積極的に推進すべきという思想が 
    幸せをもたらすとは到底思えないのである




66 :名無しさん@十一周年:2010/09/12(日) 09:11:21 ID:zGxaM2I40
    2
     こうした政策をフェミニストが勝手に主張しているのなら構わない。しかし、これは政府 
    の文書である。この本質を国民が認識すれば容認しないはずである。研究会はフェミニスト 
    を含むたった八人のメンバーであり、会合を五回開いただけで報告書を作成している。


     審議会や研究会を隠れ蓑に、少数のフェミニストが国民の知らないところで 
    社会制度の変更を画策し、国民の生き方や家族のあり方に干渉しているのである。 
    一部の人間が人間の生き方に関わる問題を軽々しく決め付けていいのか

     フリーセックスを進める過激な性教育も相変わらずで、国会で文科大臣が 
    「一斉実態調査を検討する」と答弁、小泉総理も驚いて「これはちょっとひどい」と反応した。

     このまま国民が事態を黙認すれば、前記報告書通りの政策が着々と展開され、 
    国民が気付いたときには、離婚率が急上昇して母子家庭が増えるであろう 
    (読売新聞によれば、一九九八年からの五年間で離婚が原因で母子家庭・父子家庭となった 
    世帯は2・五倍に急増、既にその兆候が現れている。子供たちは「育児の社会化」の名のもとに 
    育児センターに預けられ、「母親の手厚い愛情」から引き離されて情緒不安定になって荒れ 
    、薬物中毒や犯罪に走ることになる蓋然性も極めて高い。

     家庭の崩壊とは人間の破壊であり、荒涼たる原野に投げ出されることになる。そうなれば 
    世界的にも類まれな思いやりのある優しい我が国の国民性が消滅することは必至である。

     男女共同参画基本法はジェンダーフリー、つまり家族破壊を目指す過激なイデオロギーを 
    推進したものである。果たして、このような事態は 
    多くの国民が了解できるのか公開の場で大いに議論されなければならない。




72 :名無しさん@十一周年:2010/09/12(日) 09:15:03 ID:zGxaM2I40
    3
    アメリカは当時、ベトナム反戦運動と公民権運動、ケネディのリベラル思想が席巻し 
    リベラル派が推進するヒッピー集団のフリーセックスは反戦の象徴であり、 
    フェミニズム運動の象徴でもあった。 
    フェミニズムイデオロギーに強い影響を与えたのは、有名なアメリカのケイト・ミレット氏 
    彼女は「結婚制度と家族を完全に破壊することが理想社会を建設するために 
    必要であると主張した過激派である。

    そのフェミニズム団体は、急速に支持を広げ、巨大な政治的勢力に成長し、 
    女性差別を根絶すると称して憲法改正案を要求したのだ。
   
    アメリカではこの憲法改正をめぐって、十年間にわたってフェミニスト側とアンチフェミニスト側 
    との間の大論争がマスコミや州議会を舞台に展開された。その結果、フェミニズムの主張は 
    デタラメな根拠と嘘の上に成り立っていることが暴露され、憲法改正は廃案となった。 
    公開論争を通じてフェミニズムが過激な思想であることを大多数のアメリカ国民が 
    知ることになり、憲法改正を拒否したのだ。当然ながら、アメリカはフェミニズムを体現した 
    後の国連の女子差別撤廃条約も批准していない。 
  
    しかし国連、女性という大儀名文に弱い日本は、この国連の女子差別撤廃条約を批准し 
    まもなく国内法としての男女共同参画基本法を大多数の国民が知らぬまま成立させたのである

    つまりアメリカで起こったフェミニズムは国連に1985年、女子差別撤廃条約を作らせた 
    しかしそのあまりに危険な思想のため当のアメリカでは否決されたのだ 
    しかし国連、女性という大儀名文に弱い日本はごていねいに可決しその後 
    男女共同参画社会基本法の可決となったのだ





78 :名無しさん@十一周年:2010/09/12(日) 09:19:24 ID:zGxaM2I40
    4
    国連女子差別撤廃条約は、四年に一回この条約のためにとった立法、司法、行政に関する 
    報告を国連事務総長に提出することを義務としている。さらに各国の報告について提案 
    及び勧告をすることとなっている。
    世界各国に対しての国連委員会の勧告がいかに過激かを以下に示す

    ○対ベラルーシ 「国連は、伝統的な女性の役割を推奨するような『母の日』に象徴される 
    性別固定的役割分担の考え方が支配していることを憂慮しこれを排除することを目的とする 
    人権並びにジェンダー教育の導入が効果的に実施されているのかどうか憂慮する

    ◎対アイルランド 「国連は、政府に対して、家族計画と避妊器具の入手方法を改善し 
    十代の女性や若い女性にも入手できるようにすることを要請する」

    ◎対中国 「(国連は)政府に対して、売春の合法化を勧告する」(一九九九年)

    ○対クロアチア 「クロアチアの法律において、女性の母親及び育児者としての役割を一貫して 
    強制していることを特に憂慮する」国連は医師の良心的反対を理由にいくつかの病院で 
    堕胎を拒否していることに憂慮を表明する。国連はこの事実は堕胎権の侵害であると考える
    ◎対チェコ共和国 「委員会は、妊娠及び母親に対する過度の保護措置が増加している 
    ことを憂慮して留意する(一九九八年)

    ◎対ジョージア 「委員会は、家父長制的文化が根強く存在し、女性の母親としての役割を 
    強調する振る舞いや態度を基礎とする政府の政策における女性の固定的役割が広く 
    認められることを憂慮する」(一九九九年)

    ○対インドネシア 「男は家族の長で稼ぎ手であり女は妻と母親の役割に限定しており、また 
    これが各法律に反映されていることに重大な憂慮の意を表明する」(一九九五年)
    
    
    このように国連女子差別撤廃条約を受け入れる限り、優しい母親はこの世から消え女は 
    十代になればフリーセックスを謳歌し外に出て働き、子供は「母の手厚い愛」を失って不良化 
    し、夫とは離婚し、母子家庭が増加し、町に犯罪が溢れるのは当たり前なのだ。女性たちも 
    これで幸せなのか。条約がこういう世界を目指していることを日本の政治家は承知しているのか




87 :名無しさん@十一周年:2010/09/12(日) 09:33:51 ID:KPBKZXf6P
    【急上昇するフランスの出生率】

    フランスがアイルランドをしのいで欧州最高の出生率を誇るようになったというニュースは、三つの理由から
    興味をそそる。

    第一にこのことは、急増する年配の退職者を支えていくには、生まれる子供の数が少な過ぎることを心配して
    いる欧州に対して、社会政策によって影響を与え得ることを示唆している。フランスは現在、三人目の子供を
    持つすべての母親に対して、鉄道と公共交通機関の大幅割引、昼間の保育の助成金のほかに、およそ千二百㌦
    (約十四万円)の家族手当を支払っている。これらの誘因は効果があるように見える。

    注目すべき第二の新事実は、仏国立人口統計学研究所(INED)が詳細な研究を行い、フランスの移民人口は
    出生率上昇のわずか5%を説明するのみで、移民がいなかったとしてもフランスの人口はいずれにせよ増加する
    だろう、という結論を下したことだ。(中略)

    実のところ、他の欧州諸国同様フランスでは、移民の母親の出生率は急速に低下して二世代以内に
    その地域の水準になっている。





男女共同参画社会とやらが、少子化を防ぐ等とは絶対に思いませんね。
世界的に見ると、女性の社会進出が進む傾向がありますからね。
フランスなんかは相当に国家が支援しているからこそ増加しているんですからね。
上のレスで、移民が姑息な人口対策だという事もわかりますね。

少子化担当大臣なんかもいらないと思いますね。こんなのより
第一次産業振興担当大臣なんか置いた方がマシでしょうね?
フランスじゃなくて、日本の未来の為には人口を自然減少させた上で
第一次産業を振興させ、食料自給率を上げるのが、宜しいのではないでしょうか?



皇室典範改正という名の不敬行為

私は女系天皇容認論は認めがたいですね。
西部邁先生も女系天皇容認らしいですがね…


http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1284021284/1

★小沢氏、女性天皇に前向き 内閣法制局を廃止

民主党の小沢一郎前幹事長は8日、代表選に際して記者会見し、首相に就任した場合の
対応に関連し、皇位継承を男系男子に限っている皇室典範について「女性の天皇陛下が
あっても別に不思議はない。男系男子に限る必要はない」と述べ、改正に前向きな姿勢を示した。



何故、臣下に皇統の伝統を変えようとする権利があるのか理解出来ません。
小泉純一郎が「有識者」と言う名の素人を集めて女系天皇を臣下の手により造りだそうとしましたが
二度とその様な事が無いように願います。




マスゲームに憧れる日教組教師

横浜でソーラン節ですか…日教組内での北教組の影響力は大きいですからね。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/disaster/100830/dst1008302048015-n1.htm


★運動会練習で女子児童6人熱中症 横浜市立小

 30日午前11時45分ごろ、横浜市青葉区の市立さつきが丘小学校で、運動会の練習をしていた
6年生の女子児童6人が体調不良を訴え、病院に搬送された。

 横浜市教育委員会によると、6人はいずれも熱中症と診断されたが快方に向かっており、点滴を
受けて帰宅した。

 6年生110人が午前11時25分から、9月の運動会のため校庭で「ソーラン節」の練習を開始。
10分後に7分休憩を取り、水分補給をして練習を再開した後、1人が体調不良を訴えた。再開して
6分で練習を終えた後、さらに5人が体調不良となった。

 同校の渡辺正彦校長は「教職員には気象状況に応じた適切な指導を徹底する」とコメントした。

 横浜地方気象台によると、11時45分ごろの横浜市内の気温は32?2度。



徒競走は嫌うくせに集団演舞は好きなんだよな日教組教師は。
アイツらマスゲームが大好きなんだろうな?こんな踊りで協調性が身につくのか?
教室内に民主主義を持ち込むのも良くない。大衆でさえあんな状態なのに、
ましてガキにまともな人選なんか出来るわけない。級長制に戻すべきだ。




 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ひょうぬこ

Author:ひょうぬこ
ぼちぼち書いていくんで宜しくお願いしますm(_ _)m

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (18)
国内政治 (18)
世論 (5)
皇室関連 (2)
左翼動向 (10)
マスコミ関連 (3)
東亜関連 (3)
教育関連 (8)
宗教関連 (2)
医療関連 (3)
アイヌ関連 (3)

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

人気ブログランキングへ

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。