ぬこや

人能く道を弘む

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国民の生活が第一。否、中韓の面子が第一

ついに菅談話が現実味を帯びてきましたね。
http://www.chosunonline.com/news/20100716000015

 日本による韓国併合100周年(8月29日)がおよそ1カ月後に迫る中、日本政府が内閣の承認を経た
 首相名義の談話の発表を積極的に検討していることが分かった。
 15日に韓国と日本の政府関係者が明らかにしたところによると、日本政府は11日の参院選終了後、
 韓国国民に伝える談話の形式や内容の検討に本格的に着手したという。
 日本政府の関係者らは、最大限の誠意を盛り込む、具体的な内容と形式については内部調整が
 さらに必要との意向を、韓国政府に伝えたとのことだ。
 この問題を主管する岡田外相も、このところかなり積極的な発言を行っている。
 メディアのインタビューで、「国を奪われ、民族の自尊心を傷つけられた人々の心情をよく
 理解する」と語った。
 現在関心が集まっているのは、今回の談話に、1995年に発表されたいわゆる「村山談話」の
 内容をどれだけ上回るものが入るのか、という点だ。村山談話は、日本の敗戦50周年に当たる
 95年8月15日、当時の村山富市首相が、「戦後の総決算」という観点から発表した談話だ。
 「痛切な反省の意を表し、心からのおわびの気持ちを表明いたします」という表現が入り、
 最も積極的な謝罪の意志を盛り込んだと評価されている。
 日本政府は、村山談話が侵略されたアジア諸国に対する謝罪だとするなら、今回の併合
 100周年談話は韓日関係に限定したものとなるだけに、韓国人に対する謝罪の総決算という
 姿勢で準備しているものと思われる。
 強制徴用者に対する個人補償問題と関連する日本側の微妙な変化も、注目に値する。
 仙谷由人官房長官は今月7日、東京で日本外国特派員協会(FCCJ)が主催した会見で、
 「“法的に終わった”と言っても、関係が悪化すれば、政治的に改善可能な方針を作って
 判断しなければいけない問題もある」
と、これまでとは極めて異なる発言を行った。(抜粋)



支那や朝鮮が既存の約束事を自らの都合で覆すのは習性ですが
その子分の菅内閣も自慰のために同じような行動に出るんですね。
保守系議員さん達、日本と未来を担う子供達のために全力を尽くして阻止してください。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://michiwohiromu.blog133.fc2.com/tb.php/28-7b669482

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ひょうぬこ

Author:ひょうぬこ
ぼちぼち書いていくんで宜しくお願いしますm(_ _)m

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (18)
国内政治 (18)
世論 (5)
皇室関連 (2)
左翼動向 (10)
マスコミ関連 (3)
東亜関連 (3)
教育関連 (8)
宗教関連 (2)
医療関連 (3)
アイヌ関連 (3)

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

人気ブログランキングへ

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。