ぬこや

人能く道を弘む

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神道の神髄

古来から神道の信仰形態は変化してきました。
本地垂迹説は神国に相応しいとは思いませんので廃仏棄釈は正しい一面もあったと思います。


http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1282466672/1

参拝者急増に困惑も

パワーをもらおうと、「大杉」に向かって手をかざす女性参拝者たち(出雲市の須佐神社で)  特別な力が得られる
場所として、全国各地で「パワースポット」と呼ばれる神社や山岳に人気が集まる中、県内の神社が大勢の若者を
引きつけている。出雲神話の舞台だけに、スポットは盛りだくさん。パワーを求めて参拝者が急増した神社も。
ただ、これまであまり訪れることがなかった若い世代の来訪に、受け入れ側からは戸惑いの声も聞かれる。(岸下紅子)

 パワースポットは、風水学などの立場から、力が得られるとされている場所で、富士山(山梨、静岡県)や
伊勢神宮(三重県)、鞍馬山(京都府)などの人気が高い。
 ヤマタノオロチ退治で知られる須佐之男命(すさのおのみこと)を祭る須佐神社(出雲市佐田町)もその一つ。
境内では、推定樹齢1300年のご神木「大杉」が参拝者の“スピリチュアル”をかき立てるといい、若い女性たちが木の幹に
向けて手をかざす姿がみられる。
 出雲市多久町の会社員、渡部奈美さん(21)は「静かで落ち着いていて、心が休まった」。同神社の神職は
「日本人は古来、自然に神が宿ると信じてきた。大杉にも神の力を感じるのでは」と話す。
 ただ、神職は「数年前まで年間1、2万人だった参拝客が、今では10万人はいるのでは」と話す一方、
「携帯のカメラで大杉を撮影するのに夢中で、鳥居や本殿は素通り。神社はお参りするところなのに」と困惑する。



これは、形はどうあれ神道の根源である自然崇拝をしている事に違いはないですね。
これを機に伝統文化も身に付けていって欲しいですね。
ある程度、型にはめないと怪しい方向に向かいかねないですからね。




スポンサーサイト

コメント

アニメヲタク以下ですね

>「携帯のカメラで大杉を撮影するのに夢中で、鳥居や本殿は素通り。

アニメヲタク以下の方々ですね
ヲタの連中はちゃんと参拝しているのに

>カメさん

そこが真面目な性格のヲタとスイーツ(笑)やヒッピーとの違いでしょうね

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://michiwohiromu.blog133.fc2.com/tb.php/43-d1206e1d

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ひょうぬこ

Author:ひょうぬこ
ぼちぼち書いていくんで宜しくお願いしますm(_ _)m

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (18)
国内政治 (18)
世論 (5)
皇室関連 (2)
左翼動向 (10)
マスコミ関連 (3)
東亜関連 (3)
教育関連 (8)
宗教関連 (2)
医療関連 (3)
アイヌ関連 (3)

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

人気ブログランキングへ

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。