ぬこや

人能く道を弘む

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少子化対策より第一次産業対策の方が大事だ

少子化が問題とされていますが、本当にそれ程の問題なのでしょうかねえ?
この山がちな国土に一億三千万人も居住し、食料自給率も低いですからね…
あれ?経済企画庁の役人だった小峰隆夫氏が何か言ってますね。


以下、ニュース速報+板より

【政治】 男女共同参画社会を実現していくことこそが本当の少子化対策、成長政策となる…法政大学大学院政策創造研究科教授★2
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1284244522/1-2

★「人口オーナス」から導かれる新常識 求められる「正統的な経済政策」への真剣な取り組み 小峰 隆夫

 日本の経済社会のこれからの長い将来を展望した時、もっとも大きな問題が
人口問題だということについては多くの人が同意するでしょう。 (中略)

 では、こうした人口オーナスがもたらす諸問題にどう対応すべきでしょうか。
人口問題というと「少子化対策」「子ども手当て」など人口に直結した政策が必要だと考えられています。
私もそれが不要だとは言いませんが、本当に必要なのは、いつの時代にも求められる正統的な経済政策なのです。(中略)

 一つは、一人ひとりの人間力を高めることです。
具体的にはより高い教育水準を持ち、より高いノウハウを見につけた人材を増やすということです。
人間力の高い人は、そうでない人よりも生産性が高いはずですから、これが人手不足をカバーするでしょう。
要するに「頭数が減るのだから、一人で二人分働こう」という発想です。

 もう一つは、より成長力の高い分野に人を振り向けることです。
これからは労働力が貴重になるのですから、無駄な労働の使い方は避ける必要があります。
なるべく生産性の高い発展分野、国民が真に欲している分野へと労働力が移動していく必要があります。
そのためには労働という生産資源が特定の分野に張り付いて動かないのではなく、経済社会環境の変化に応じて流動化する
ことが必要です。
これは「頭数が減るのだから、効率的に配置を換えれば良い」という発想です。(中略)

 次に、人口オーナスそのものを弱める政策を考えましょう。
人口オーナスは、人口に占める働く人の割合が低下することによって生ずるものであることは既に述べました。
この人口オーナスそのものを弱めるには二つの道があります。
一つは、少子化そのものに歯止めをかけることであり、もう一つは、人口に占める働く人の割合(労働参加率)を高めることです。 (中略)

 次に、労働参加率を高めることを考えましょう。ここで鍵を握るのは、女性の参加率を高めることです。
日本の女性の労働参加率は国際的に見てかなり低く、しかも高学歴女性の参加率が特に低いからです。(中略)

労働市場の流動性を高めたり、同一労働同一賃金を実現したりすることなどによって労働市場の構造改革を進め、
男女共同参画社会を実現していくことこそが本当の少子化対策、成長政策となるのです。

以上

日経ビジネス・オンライン http://business.nikkeibp.co.jp/article/money/20100901/216069/?ST=print
前スレ http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1284085510/




以下、レスを集めてみました。
------------------------------------------------


7 :名無しさん@十一周年:2010/09/12(日) 07:45:43 ID:EZ/NggEI0
    もう何年も前に出た赤川学さんの本「子どもが減って何が悪いか」
    で論破されているんだけどねえw




62 :名無しさん@十一周年:2010/09/12(日) 09:08:13 ID:zGxaM2I40
    1
     思想・信条の自由を踏みにじる男女共同参画条例を制定する自治体。 
    過激な性教育が横行する学校現場。「家庭崩壊科」と国会で批判された家庭科

     このような、フェミニズム思想に基づく政策が打ち出される「男女共同参画社会基本法」 
    は国連の(女子差別撤廃条約に対応して制定された国内法である

    政府系の審議会にフェミニスト委員が集められ、答申を出し、それに沿って政策が実施される。

    例えば、夫婦関係は「『経済的依存関係』から独立した所得の関係へ変化することが 
    望ましい、とする。 必然的に「独立した所得」を得られない専業主婦は「撲滅」すべき存在 
    と位置付けられ、専業主婦を優遇する税制や社会保障制度を廃止せよと提言している 
    既に政府は提言通り、配偶者特別控除を一部廃止した

     これらは、「育児や家事よりも、働くことのほうが価値は高い」「父親と母親が揃った家庭は 
    破壊すべきとするものであるというものだ 
    家族関係は喜びと悲しみを共有し、生命の誕生、育成、死を見つめ 
    ながら子孫へ繋ぐもの。経済的依存関係だのと単純に整理する独善ぶりには呆れる。

    片親家庭、非婚、事実婚、同性愛結婚も積極的に推進すべきという思想が 
    幸せをもたらすとは到底思えないのである




66 :名無しさん@十一周年:2010/09/12(日) 09:11:21 ID:zGxaM2I40
    2
     こうした政策をフェミニストが勝手に主張しているのなら構わない。しかし、これは政府 
    の文書である。この本質を国民が認識すれば容認しないはずである。研究会はフェミニスト 
    を含むたった八人のメンバーであり、会合を五回開いただけで報告書を作成している。


     審議会や研究会を隠れ蓑に、少数のフェミニストが国民の知らないところで 
    社会制度の変更を画策し、国民の生き方や家族のあり方に干渉しているのである。 
    一部の人間が人間の生き方に関わる問題を軽々しく決め付けていいのか

     フリーセックスを進める過激な性教育も相変わらずで、国会で文科大臣が 
    「一斉実態調査を検討する」と答弁、小泉総理も驚いて「これはちょっとひどい」と反応した。

     このまま国民が事態を黙認すれば、前記報告書通りの政策が着々と展開され、 
    国民が気付いたときには、離婚率が急上昇して母子家庭が増えるであろう 
    (読売新聞によれば、一九九八年からの五年間で離婚が原因で母子家庭・父子家庭となった 
    世帯は2・五倍に急増、既にその兆候が現れている。子供たちは「育児の社会化」の名のもとに 
    育児センターに預けられ、「母親の手厚い愛情」から引き離されて情緒不安定になって荒れ 
    、薬物中毒や犯罪に走ることになる蓋然性も極めて高い。

     家庭の崩壊とは人間の破壊であり、荒涼たる原野に投げ出されることになる。そうなれば 
    世界的にも類まれな思いやりのある優しい我が国の国民性が消滅することは必至である。

     男女共同参画基本法はジェンダーフリー、つまり家族破壊を目指す過激なイデオロギーを 
    推進したものである。果たして、このような事態は 
    多くの国民が了解できるのか公開の場で大いに議論されなければならない。




72 :名無しさん@十一周年:2010/09/12(日) 09:15:03 ID:zGxaM2I40
    3
    アメリカは当時、ベトナム反戦運動と公民権運動、ケネディのリベラル思想が席巻し 
    リベラル派が推進するヒッピー集団のフリーセックスは反戦の象徴であり、 
    フェミニズム運動の象徴でもあった。 
    フェミニズムイデオロギーに強い影響を与えたのは、有名なアメリカのケイト・ミレット氏 
    彼女は「結婚制度と家族を完全に破壊することが理想社会を建設するために 
    必要であると主張した過激派である。

    そのフェミニズム団体は、急速に支持を広げ、巨大な政治的勢力に成長し、 
    女性差別を根絶すると称して憲法改正案を要求したのだ。
   
    アメリカではこの憲法改正をめぐって、十年間にわたってフェミニスト側とアンチフェミニスト側 
    との間の大論争がマスコミや州議会を舞台に展開された。その結果、フェミニズムの主張は 
    デタラメな根拠と嘘の上に成り立っていることが暴露され、憲法改正は廃案となった。 
    公開論争を通じてフェミニズムが過激な思想であることを大多数のアメリカ国民が 
    知ることになり、憲法改正を拒否したのだ。当然ながら、アメリカはフェミニズムを体現した 
    後の国連の女子差別撤廃条約も批准していない。 
  
    しかし国連、女性という大儀名文に弱い日本は、この国連の女子差別撤廃条約を批准し 
    まもなく国内法としての男女共同参画基本法を大多数の国民が知らぬまま成立させたのである

    つまりアメリカで起こったフェミニズムは国連に1985年、女子差別撤廃条約を作らせた 
    しかしそのあまりに危険な思想のため当のアメリカでは否決されたのだ 
    しかし国連、女性という大儀名文に弱い日本はごていねいに可決しその後 
    男女共同参画社会基本法の可決となったのだ





78 :名無しさん@十一周年:2010/09/12(日) 09:19:24 ID:zGxaM2I40
    4
    国連女子差別撤廃条約は、四年に一回この条約のためにとった立法、司法、行政に関する 
    報告を国連事務総長に提出することを義務としている。さらに各国の報告について提案 
    及び勧告をすることとなっている。
    世界各国に対しての国連委員会の勧告がいかに過激かを以下に示す

    ○対ベラルーシ 「国連は、伝統的な女性の役割を推奨するような『母の日』に象徴される 
    性別固定的役割分担の考え方が支配していることを憂慮しこれを排除することを目的とする 
    人権並びにジェンダー教育の導入が効果的に実施されているのかどうか憂慮する

    ◎対アイルランド 「国連は、政府に対して、家族計画と避妊器具の入手方法を改善し 
    十代の女性や若い女性にも入手できるようにすることを要請する」

    ◎対中国 「(国連は)政府に対して、売春の合法化を勧告する」(一九九九年)

    ○対クロアチア 「クロアチアの法律において、女性の母親及び育児者としての役割を一貫して 
    強制していることを特に憂慮する」国連は医師の良心的反対を理由にいくつかの病院で 
    堕胎を拒否していることに憂慮を表明する。国連はこの事実は堕胎権の侵害であると考える
    ◎対チェコ共和国 「委員会は、妊娠及び母親に対する過度の保護措置が増加している 
    ことを憂慮して留意する(一九九八年)

    ◎対ジョージア 「委員会は、家父長制的文化が根強く存在し、女性の母親としての役割を 
    強調する振る舞いや態度を基礎とする政府の政策における女性の固定的役割が広く 
    認められることを憂慮する」(一九九九年)

    ○対インドネシア 「男は家族の長で稼ぎ手であり女は妻と母親の役割に限定しており、また 
    これが各法律に反映されていることに重大な憂慮の意を表明する」(一九九五年)
    
    
    このように国連女子差別撤廃条約を受け入れる限り、優しい母親はこの世から消え女は 
    十代になればフリーセックスを謳歌し外に出て働き、子供は「母の手厚い愛」を失って不良化 
    し、夫とは離婚し、母子家庭が増加し、町に犯罪が溢れるのは当たり前なのだ。女性たちも 
    これで幸せなのか。条約がこういう世界を目指していることを日本の政治家は承知しているのか




87 :名無しさん@十一周年:2010/09/12(日) 09:33:51 ID:KPBKZXf6P
    【急上昇するフランスの出生率】

    フランスがアイルランドをしのいで欧州最高の出生率を誇るようになったというニュースは、三つの理由から
    興味をそそる。

    第一にこのことは、急増する年配の退職者を支えていくには、生まれる子供の数が少な過ぎることを心配して
    いる欧州に対して、社会政策によって影響を与え得ることを示唆している。フランスは現在、三人目の子供を
    持つすべての母親に対して、鉄道と公共交通機関の大幅割引、昼間の保育の助成金のほかに、およそ千二百㌦
    (約十四万円)の家族手当を支払っている。これらの誘因は効果があるように見える。

    注目すべき第二の新事実は、仏国立人口統計学研究所(INED)が詳細な研究を行い、フランスの移民人口は
    出生率上昇のわずか5%を説明するのみで、移民がいなかったとしてもフランスの人口はいずれにせよ増加する
    だろう、という結論を下したことだ。(中略)

    実のところ、他の欧州諸国同様フランスでは、移民の母親の出生率は急速に低下して二世代以内に
    その地域の水準になっている。





男女共同参画社会とやらが、少子化を防ぐ等とは絶対に思いませんね。
世界的に見ると、女性の社会進出が進む傾向がありますからね。
フランスなんかは相当に国家が支援しているからこそ増加しているんですからね。
上のレスで、移民が姑息な人口対策だという事もわかりますね。

少子化担当大臣なんかもいらないと思いますね。こんなのより
第一次産業振興担当大臣なんか置いた方がマシでしょうね?
フランスじゃなくて、日本の未来の為には人口を自然減少させた上で
第一次産業を振興させ、食料自給率を上げるのが、宜しいのではないでしょうか?



スポンサーサイト

コメント

男女共同参画社会

男女共同参画社会条例は下半身の共産党宣言です。
何とか男性にも子供を産ませたいという、その根本理念は、出産は神から女性に与えられた罰であるというキリスト教社会の偏見と極端な平等主義思想に基づく運動です。

コメントありがとうございます。

的場先生、いつもご覧頂きありがとうごさいます。

日本のフェミニズムは男女平等というか女尊男卑の傾向があるので尚更厄介です。
この国では「弱者」の要求が増長し、過激な利権を欲する下地がありますね。
先日TVのコメンテーターのおばさんが年金詐欺について
「日本人は元来幼稚な民族」と言ってました。
「菊と刀」でいう「罪」つまり自省心が薄いうえ
「恥」つまり世間体を意識する事により道徳を保つ必要があるのかも知れません。
しかし共同体が崩壊しつつある現状ではそれもままならないわけです。
世間が分断された結果、おかしな独善的な要求や
5兆円の賠償や天皇陛下の謝罪を求める事が出来るのでしょう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://michiwohiromu.blog133.fc2.com/tb.php/48-a33ced03

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ひょうぬこ

Author:ひょうぬこ
ぼちぼち書いていくんで宜しくお願いしますm(_ _)m

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (18)
国内政治 (18)
世論 (5)
皇室関連 (2)
左翼動向 (10)
マスコミ関連 (3)
東亜関連 (3)
教育関連 (8)
宗教関連 (2)
医療関連 (3)
アイヌ関連 (3)

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

人気ブログランキングへ

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。