ぬこや

人能く道を弘む

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蓮舫の無知は親譲り

ニュース速報+板より見つけました。
http://www.news-postseven.com/archives/20101017_3892.html


 雑誌『VOGUE NIPPON』11月号に掲載された蓮舫・行政刷新担当大臣(42)に関する
 特集により、国会は大騒ぎとなった。服のブランド名や価格が明記されていたため、
 「宣伝では?」と思われたのだ。
 自民党の佐藤ゆかり議員(49)や片山さつき議員(51)が批判したほか、民主党の
 「小沢ガールズ」も批判する事態になったが、批判派の声を一笑に付す人物がいる。
 ほかでもない、蓮舫大臣の母、斉藤桂子さんだ。

 桂子さんは還暦を過ぎたいまも、姉とともに東京・新宿でカラオケスナックを切り盛り
 している。常連客がいう。
 「桂子さん、蓮舫ちゃんの写真のことが問題になった当初こそちょっと心配そうだったけど、
 実際に『VOGUE』を見たら、とたんに元気になっちゃってね」
 この常連客によれば、それは10月の連休前のある夜のこと。客のひとりがたまたま
 『VOGUE』を持っていると知り、自分から「見せて、見せて!」とせがんだ桂子さん。
 目指すページを開くと開口一番、こういったという。

 「全然、きれいじゃないの!これのどこが問題なのよ」-ページを繰りながら「妬みよね、
 妬み。批判する人のね」とつぶやいた後、「実はね、『VOGUE』に出ることは聞いてたの。
 叩かれるかもっていうことも。でも、蓮ちゃんにとっては“想定内だから心配ない”って。
 確かにね、洋服の値段が出てるけど、ファッション誌なんだから当たり前よ。いまの
 政治家で、蓮ちゃんみたいに素敵な人はいないわよね!」。そして同じ『VOGUE』誌に、
 レディー・ガガの特集記事が掲載されているのを見つけると、
 「あのレディー・ガガと一緒に載ってるのよ! ほかの誰が出られるっていうのよねー。
 いいじゃない、ガガ。蓮ちゃんにも、妬みになんて負けず、政界のレディー・ガガに
 なれっていいたいわ!」
 そういって、ご機嫌な笑顔を見せていたとか。




まさに、この親にしてこの子ありの見本ですね。
子が幾つになっても親は死ぬまで、子の人格形成にどのように影響を与えたか責任を持つべきです。
子が成人したので責任はもう無いという考えは福島瑞穂の様な家庭解体論者に端的に表れる。





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://michiwohiromu.blog133.fc2.com/tb.php/56-e639dac8

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ひょうぬこ

Author:ひょうぬこ
ぼちぼち書いていくんで宜しくお願いしますm(_ _)m

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (18)
国内政治 (18)
世論 (5)
皇室関連 (2)
左翼動向 (10)
マスコミ関連 (3)
東亜関連 (3)
教育関連 (8)
宗教関連 (2)
医療関連 (3)
アイヌ関連 (3)

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

人気ブログランキングへ

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。